航空券はどういうもの?

飛行機に乗って旅行にをする際には、新幹線やバスと同じでチケットが必要になります。そのチケットのことを航空券といいます。それは駅前の金券ショップでも商業施設のなか等に入居している旅行代理店でも買うことができます。航空会社のホームページからも予約・座席紹介・購入まですることができます。予約をしただけで、手続きがすべて済んだと思ってしまう人が多いので注意が必要です。航空券を購入するには、チケット代金の支払い方法を決定したりと別途手続きが必要となります。予約をしてから一定の期間内に購入をしないと、チケットの予約をしたことが航空会社からキャンセル扱いとなってしまうので、期間内に購入までしておく必要があります。
購入が済んだら、出発日に空港へ向かいます。チェックインカウンターに並ぶのが嫌という方もいるでしょうが、そういった方は、空港にある自動チェックインの端末を使用するとよいです。そうすることによって時間の短縮になります。端末やカウンターで搭乗券を受け取ったら、必要があれば荷物をチェックインカウンターに預けます。セキュリティのチェックを受けて出国の審査を受けたら後は出発の時間までラウンジで過ごすこともできます。